会社概要 会社概要
会社案内ダウンロード

採用情報

ブログ

代表挨拶 代表挨拶

当社は、2020年で設立から35年の節目を迎えました。 当時は、高架橋やトンネルのコンクリート片落下事故、住宅基礎の異常なひび割れ等の新聞記事をきっかけに、半永久的材料と考えられていたコンクリートが想定以上に早く劣化し、社会問題化したのとほぼ同時期でした。

当社は設立以来、エックス線を用いたPCグラウトの有無や配筋位置の測定、電磁波レーダ探査機の開発協力など新しい技術の開発や導入に取り組み、非破壊検査技術を応用した構造物の調査・診断で社会基盤整備の一翼を担って参りました。 この間、世間の趨勢もスクラップ&ビルドからストック&リノベーションへと変化し、近年はストック効果の最大化が叫ばれて社会構造が大きく変化してまいりました。 この変化こそ、現在の社会資本を良好な状態で次世代に引き継ぐとして掲げた当社のモットー「確かな明日へ」そのものと言えます。

2020年4月には、京都大学名誉教授の河野広隆先生を当社顧問としてお迎えしました。 先生から最近の知見や技術についてご指導を仰ぎ、これらを積極的に取り入れて業務を迅速に精度良く、かつ効率的に進めて参ります。 今後も皆様の声を真摯に受け止め、継続的により良い成果を提供する事で社会貢献できる企業であり続けたいと考えております。