業務内容

調査・診断

旧基準で設計された建物には耐震診断が
必要です。

阪神・淡路大震災では、鉄筋コンクリート造建築物など特に、新耐震設計基準 (昭和56年)の公布以前に建設された建築物に甚大な被害が生じました。これを 契機に昭和56年以前に建設された建築物の耐震診断および耐震改修の要請が高まりました。耐震診断とは、予想される大地震に対して、その建物が必要な耐震性能を保有しているかを判断するために行うものです。 また、文部科学省では、危険建物を抽出するため、耐力度測定(構造耐力、経年劣化、環境条件)を行っています。当社はこれら耐震診断や耐力度測定の実績を数多く持っています。

耐震診断フロー


耐震診断フロー